すぐに知ったかできそうな話を深夜になりながらも簡潔に記事にしてみたサイトです。

独自の調査に基づく情報を大好評な現代の口腔事情の紹介ページ。

こうしたサイトはなかったですよね。皆さんのレベルに合わせてライティングしています。

現代の口腔事情

20歳代の歯茎の問題でベストワンに上げられるのが、歯肉炎なのです。実は虫歯よりも頻度が高くなっているのが現状なのです。

この後に取り上げる、歯周病・歯槽膿漏の初期の状態が歯肉炎です。歯ぐきの間の歯石などにより、菌が繁殖し、歯ぐきが炎症を起こす問題です。毎日しっかりと歯磨きをすることでこうした問題は防げるのですが、実際は多くの成人や、子供が抱えている病気なのです。

歯周病・歯槽膿漏になった場合に、あとで取り上げている様な、歯ぐきや骨が痩せほそろえてしまう状況は二度と戻ることはできません。歯肉炎であれば、正常な状態に戻ることが治療と言えますが、過度に進行してしまった場合は、進行が止まった時点で治療が完了したという事になってしまうのです。後で何度も言っていますが、矯正やインプラントをしても、本当に意味がなくなってしまうんです。

っていうことを考えたら、歯並びだけ直して、そうしたことに警鐘をならさない矯正歯科なども、問題なのかもしれませんね。

Copyright © 歯周病ケアナビ All Rights Reserved.